プラセンタ注射

プラセンタ注射とは

プラセンタ注射

プラセンタとは、胎盤のことです。
胎盤は、子宮の中の赤ちゃんのへその緒とつながっていて、栄養を送ったり、酸素を送ったりします。 胎盤は、母親の子宮内に着床した直径0.1mmほどの小さな受精卵を、わずか10か月の間に平均3㎏の胎児に育て上げるという驚異的な働きを持った組織です。
プラセンタには体内の血流改善作用,復調作用があります。その作用ゆえに古くから利用され、紀元前・古代ギリシャ時代に医師ヒポクラテスも治療に用いたという記録がのこされ、クレオパトラやマリー・アントワネットも愛用していたともいわれており、近年、その美肌・アンチエイジング効果が非常に注目されています。
当院では市販のプラセンタ(動物由来)とは異なり、医療用医薬品として厚生労働省から認可されたヒト由来のプラセンタ注射薬(メルスモン)を、適正と認可された使用方法(皮下又は筋肉注射)で投与を行っています。
ホルモンなどの生理活性物質やタンパク質は製造過程ですべて除去されるため、プラセンタ注射はホルモン製剤ではないので安心いただけます。

プラセンタの素晴らしい点は多くの薬理作用が合成医薬品のように過剰には作用せず、本来女性に備わる生理的機能を復調・正常化するので副作用の心配がほとんどないことです。
更年期に伴ったほてりや多汗、イライラ、動悸、肩こり、頭痛などに効果が証明されております。
当院のプラセンタ注射は、厚生労働省にて更年期障害、肝機能障害に適応を有している用法・容量に従って投与しております。同意書の記載もしていただいております。
当院では、毎週1‐2回、1回1‐2アンプルを皮下(腕やおしり)へ注射します。

料金

1アンプル500円(税別) 自費にて投与しております。

副作用

まれに注射部位の発赤、過敏症、アレルギーやショックを起こすことがあります。その場合には医師にお申し出ください。

安全性

ウイルスや細菌などが製剤に混入しないよう、提供者のスクリーニング、滅菌によるウイルス不活性化処理を施した製品を使用しています。
今までにプラセンタ注射により何らかの感染症が伝播したという報告はありません。
当院では人胎盤を原料とした「メルスモン」を使用しています。
(すべての感染症は否定はできないため人の組織、血液製剤を一回でも使用した人は献血ができなくなります)

標榜科目
脳神経内科・内科
電話番号
0493-35-3535
住所
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1171-3
最寄駅
東武東上線 高坂駅
駐車場
16台完備
診療時間
休診日:日曜、祝日
受付時間:午前 8:45~11:30 午後 13:45~17:30
●:第4のみ診療
日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

Page Top