神経難病外来

神経難病外来とは

神経難病外来

神経難病は、神経に発症する病気の総称で、いずれの病気にしても、発症の原因や治療法というのが現在のところ確立していない疾患のことを言います。当クリニックでは、この病気を診療する外来を設けており、主に、多発性硬化症、パーキンソン病、重症筋無力症、多系統萎縮症、ギランバレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、皮質基底核変性症などの診療を行っています。いずれにしても経過が長引く病気のため、肉体的にはもちろんですが、精神面や経済面という意味においても負担が大きい病気と言えます。

ただ、神経難病は原因が判明していないと言っても、その疾患メカニズムはある程度まで判明しているものや、根本的に直すことは困難でも、日常生活に支障をきたさない程度まで回復する治療が行えることもあります。また、現在のところ直接的な治療法がないとされる病であっても医療がかかわることで少しでも生活しやすくすることは可能です。

主な神経難病

パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、視神経脊髄炎,重症筋無力症、進行性核上性麻痺 など

パーキンソン病

パーキンソン病は、脳の神経に異常が生じることで、脳からの命令が全身にうまく伝わらなくなり、身体が動かしづらくなる病気です。患者様の多くは40歳代から症状が現れ始め、50~60歳代で発症します。ただ、若い方や70歳代の方でも見られることはあります。

主な症状としては、何もしていないのに手足のふるえが止まらない、歩行の際は前傾姿勢になって、歩幅が狭く、手の振りが無くなります。そのほか関節の曲げ伸ばしに支障が生じる固縮が現れたり、顔の表情も硬くなっていきます。声は小さくなり,言葉が少なくなります。気持ちもややふさぎ込みやすくなります。

効果的な薬がパーキンソン病には多く存在しますが、その「使い分け」には専門的な知識が必須です。この病気のような症状に心当たりがあるという方は、お気軽に当クリニックにてご相談ください。しっかり診断したのちに適切な治療を検討させていただきます。

多発性硬化症

多発性硬化症は、神経線維の軸索の周りを囲んでいる髄鞘が破壊される脱髄疾患のひとつで、その中でも原因がはっきりしない場合を言います。これについては様々な症状が現れるようになり、具体的には、視覚障害、眼球が動かしにくい、全身の動きがぎこちない、筋力の衰え、排泄障害、言葉が発しにくいといったことがみられます。なおこれらの症状は、定期的に現れたり消えたりといった状態を繰り返し、自己免疫疾患の一種とも言われています。

治療については対症療法が中心で、症状が出た際は、炎症を抑える治療としてステロイドを中心に使用します。症状が安定している際は、再発予防としてインターフェロンやフィンゴリモドやフマル酸ジメチルなどの免疫調節薬を中心に用いて、再発をしにくい状態にします。そのほか、運動機能を改善させる手段としてリハビリテーションも併せて行うようにします。

重症筋無力症

重症筋無力症は、体の免疫システムの異常により自らの細胞を攻撃してしまうことが原因で、神経から筋肉への命令が上手く伝わらなくなり、全身の様々な場所の筋力が低下するという自己免疫疾患のひとつです。まだはっきりと解明されてはいませんが、胸腺の異常が原因の一つになっている場合が多いと考えられています。発症すると、少しの動作で疲労感が強くなり、筋肉が動かなくなります。少しでも休めば、動作を続けられるようになりますが、またすぐに疲れていきます。

初期症状は、朝は症状が軽く、夕方以降に症状が重くなっていきます。現れる症状としては、まぶたが開きにくい、ものが二重に見える、食べ物が飲み込みにくくなる、話しづらくなるといったことがあり、次第に肩が上がりにくい、立ち上がりにくいなど全身の筋力低下がみられるようになります。このような症状があるからは一度受診をおすすめいたします。

主に症状を軽くすることを目的に薬物療法が行われ、ステロイド薬や免疫抑制薬、抗コリンエステラーゼ薬を使用します。また、検査で胸腺の異常がみられた場合は、胸腺と胸腺周囲の脂肪を広範囲に切除する手術を検討することで症状の根本的な軽減が得られます。

標榜科目
脳神経内科・内科
電話番号
0493-35-3535
住所
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1171-3
最寄駅
東武東上線 高坂駅
駐車場
16台完備
診療時間
休診日:日曜、祝日
受付時間:午前 8:45~11:30 午後 13:45~17:30
●:第4のみ診療
日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

Page Top