生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病

厚生労働省の定義では、毎日の食習慣や運動習慣、休養、嗜好品の摂取(喫煙・飲酒など)といった生活習慣が、その発症・進行にかかわる疾病を生活習慣病と言います。なお偏った食生活や過剰なエネルギー摂取といった食習慣や日頃の運動不足で発症される生活習慣病が、糖尿病、高血圧、肥満症、脂質異常症などです。

これら疾患は、いずれも自覚症状がほぼ現れないのも特徴です。そのため何もしないまま放置すると、生活習慣病が原因の動脈硬化などを進行させるほか、気づいた頃には狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を引き起こしていたということも考えられます。また、複数の生活習慣病を発症すると、リスク因子が重なるので心臓病や脳卒中といった虚血性心疾患が生じる危険性はより高まり、生命にもかかわるようになります。

このように生命を脅かす存在でもある生活習慣病ですが、常日頃からの生活習慣を見直すことで、改善や予防対策になります。そのため様々な症状が現れる前に早めに生活習慣を改善されるのもひとつの手です。当院では、生活習慣病の予防や改善に効果がみられるという、食事療法や運動療法の指導や管理も行っています。

代表的な生活習慣病

糖尿病

インスリンの分泌量が減少しているか出ない状態、あるいは量が十分であってもその機能が低下してしまうことで、血糖値を下げることが難しくなり、常に高血糖な状態が維持されている状態が糖尿病です。

発症の仕組みですが、食事をすることなどで高くなる血糖値はインスリンと呼ばれるホルモンが働くことで血液中の糖分を組織に取り込ませ、血糖値を下げるようになります。これが何かしらの原因で働かなくなると常に血糖値が高く維持されたままになります。そうなると血液中に糖分(ブドウ糖)がダブつき、やがて肝臓で脂肪になったり、腎臓から尿糖として排泄するようになるのです。

さらにこの状態が長く続くようになると次第に血管は損傷を受けるなどして、体のいろんな箇所で合併症(ある病気が元になって起こる別の病気や症状)を発症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病三大合併症)するようになります。また糖尿病は動脈硬化を促進させることから大血管障害(心筋梗塞、狭心症、脳卒中など)を起こすこともあります。

2型糖尿病は全糖尿病患者の9割以上

インスリンが減少または全く出ない、あるいは量が充分でも機能が低下しているという場合に糖尿病を発症するようになるわけですが、そのタイプは1つではなく、4つのタイプに分類されます。そのうちのひとつが、インスリンを作る膵臓のβ細胞の破壊により発症する1型糖尿病です。膵臓の細胞破壊の原因はよくわかっていませんが、ウイルス感染などが起因となって免疫異常を起こし、破壊されるのではないかとも言われています。発症者が若い世代に多いのが特徴です。

また、糖尿病患者の9割以上を占め、一般的に糖尿病と言う場合、この病気を意味すると言われているのが2型糖尿病です。こちらは過食や肥満など日頃の不摂生な生活習慣が原因で、インスリンの分泌量が減少、もしくは量が十分でもその機能が低下することで起きます。

このほか他の病気や、ステロイドの服用などが要因となって発症する二次性糖尿病、完全な糖尿病ではありませんが、妊娠時はインスリンの働きを弱めるホルモンが胎盤から多量に分泌されることにより、高血糖状態になってしまう妊娠糖尿病があります。

高血圧

高血圧とは、常に血圧が高い状態に維持されている状態を言います。慢性的に血圧が高い状態にあると、血管の壁を圧力で傷つけるようになり、次第に血管壁は厚くなるようになります。この状態というのは血管を硬くし、動脈硬化を促進させるようになります。何もせずにそのまま放置となると、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などの発症リスクを高めるようになります。

なお高血圧の原因というのは、現在のところ完全に解明されたわけではありませんが、肥満・過食、飲酒・喫煙、塩分の過剰摂取、運動不足、ストレスなどが考えられています。なお高血圧と判断される数値は、外来時測定で最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上、家庭測定時で最高血圧が135 mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上となっています。

自覚症状がないのが高血圧の特徴でもあります。そのため治療を途中で止めてしまう、放置しがちになるといったことが少なくないのですが、これでは血管は常にダメージを受け続けます。そして血管の柔軟さは失われ、動脈硬化を進行させるようになるのです。ただ、血圧を常にコントロールしておけば、合併症などの大きな病気になるリスクは軽減できます。血圧が高いという場合は、お気軽にご相談ください。

脂質異常症

LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪といった血液中の脂質の濃度が慢性的に高い状態、あるいはHDL(善玉)コレステロールが一定の基準より少ない状態が脂質異常症です。

元々コレステロールは、細胞膜やホルモン、胆汁酸をつくる材料となるもので体に必要とされているものです。ただ、これが多すぎると血管にコレステロールを蓄積させ、血液はいわゆるドロドロの状態となり、動脈硬化を招くようになります。そして血管が狭くなったり、詰まったりして、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となっていくのです。

発症の原因として考えられているのが、エネルギーの過剰摂取いわゆる食べ過ぎや肥満などで、糖尿病や高血圧、腎臓病など別の病気が原因で併発することもあります。また、コレステロールは少なすぎても免疫力が低下することがあるので、様々な病気を招くようになります。

脂質異常症の主な症状についてですが、自覚症状につきましては、ほぼありません。そのため血液検査や健康診断で指摘されることで気づくことが多いです。脂質異常症と診断されたら治療を行うことになりますが、その一番の目的は動脈硬化の進行を食い止めることです。

標榜科目
脳神経内科・内科
電話番号
0493-35-3535
住所
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1171-3
最寄駅
東武東上線 高坂駅
駐車場
16台完備
診療時間
休診日:日曜、祝日
受付時間:午前 8:45~11:30 午後 13:45~17:30
●:第4のみ診療
日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

Page Top