院長紹介

ごあいさつ

院長 久保田 昭洋

この度東松山市の高坂にて開業させていただくことになりました久保田昭洋と申します。
私は、医学部卒業後、地元の病院で医師としての研鑽を積みたい希望を持ち、埼玉医科大学総合医療センター(川越市)に入職しました。同病院では、医学部時代より原因不明の疾患が多い脳疾患に興味を持ったこともあり神経内科に入局いたしました。脳神経内科は、脳や神経・筋肉の病気を診療する科であり対象とする疾患は多岐にわたります。具体的には、脳梗塞やパーキンソン病、髄膜炎、認知症、てんかん、頭痛、各種神経痛、神経難病(多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など)など一般的にはなかなかなじみのない病気も多く含まれます。多発性硬化症(MS)、重症筋無力症(MG)、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症などがあります。

埼玉医科大学総合医療センター神経内科では、脳神経内科疾患全般への診療を勉強することができました。そして研究分野では、埼玉医科大学大学院にも同時に入学させていただき、特に免疫性神経疾患(重症筋無力症や多発性硬化症、視神経脊髄炎、ギラン・バレー症候群など)に対するフローサイトメトリー法による末梢血中リンパ球サブセットやサイトカインの研究に従事することできました。このような神経難病に対する未知のメカニズムを研究・解明する達成感を感じることができました。

実際の外来診療では特に認知症外来を担当しておりました。認知症はまだまだ原因不明な点が多く、内服治療にて治すことが難しい病気です。日々患者御本人や御家族と薬物治療だけではなく、生活面で困っていることに対してもできる限りアドバイスをさせてもらっております。するとわずかな変化でも一緒に喜び、苦しみを感じることができ、私自身も外来診療に非常にやりがいを感じておりました。

このような12年間の大学病院での医師生活は、最先端の医療に携われたということでとても有意義でありました。しかし同時に開業医であれば、地域密着で認知症疾患などの患者様にはより細かな対応ができるのではないかと思い、開業をしたいと思うようになりました。さらに以前より小川赤十字病院物忘れ外来を担当させていただいていることもあり比企地域の脳神経内科疾患を診療できる医者が不足していることは感じておりました。この地域で開業することにより地域住民の方々に医療の提供という意味で地域貢献できるのではないかと思いました。また今回、脳神経内科だけではなく、内科全般に対してもできる限り対応させていただき幅広く診療をさせていただきます。

院長 久保田 昭洋

経歴

昭和55年
埼玉県入間郡大井町(現ふじみ野市)生まれ
平成11年 3月
慶應義塾志木高等学校卒業
平成11年 4月
杏林大学医学部入学
平成17年 3月
杏林大学医学部卒業
平成17年 4月
埼玉医科大学総合医療センター 入職
平成19年 4月
埼玉医科大学総合医療センター神経内科入局
同上 認知症外来担当
平成24年
小川赤十字病院 物忘れ外来担当
平成21年 10月
埼玉医科大学大学院 入学
平成26年
同上 卒業 博士号 学位取得
平成30年 10月
くぼた脳神経内科クリニック 開業

資格

  • 医学博士
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本神経学会 専門医
  • 日本認知症学会 専門医・指導医
  • 埼玉県公安委員会 認知症指定医師
  • 埼玉県難病指定医
  • かかりつけ医認知症対応力向上研修修了
  • 脳梗塞rt-PA適正使用講習会受講
  • ICR臨床研究入門初級編 修了
  • 埼玉医科大学 学位 博士(医学)号 第1292号
  • Circulating memory B cells are reduced in patients with late-onset myasthenia gravis

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本神経学会
  • 日本認知症学会
  • 日本神経免疫学会
  • 日本アフェレシス学会
標榜科目
脳神経内科・内科
電話番号
0493-35-3535
住所
〒355-0047 埼玉県東松山市高坂1171-3
最寄駅
東武東上線 高坂駅
駐車場
16台完備
診療時間
休診日:日曜、祝日
受付時間:午前 8:45~11:30 午後 13:45~17:30
●:第4のみ診療
日祝
9:00~12:00
14:00~18:00

Page Top